メール配信システムの選び方

メール配信システムはどうやって選んだらよいでしょうか。 ここではそれを解説します。

利用するメール配信システムを選択する際に、 確認しておきたいいくつかのポイントがあります。

1)使いたい用途に合うこと

まずは、"どのような目的でメール配信を使いたいか"、 "その目的に合致する機能は搭載されているか"どうかを確認しましょう。

・自身が展開しているサービスについてのセールスメール

・防災メールや、緊急お知らせメール

・定期的なクーポン配布、キャンペーン案内メール

・読み物や講座としてのメールマガジン

など、ご自身のメール配信の目的を確認した上で、

メール配信サービスの提供元で

その機能が利用でき、目的が実現できるかどうかを調べます。

大抵、メール配信サービスのホームページに

"利用できる機能紹介一覧"が掲載されていますので、

そのページを参照するか、ページを確認するだけではわからない、

不明点、疑問点がある場合は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。

また、サービス提供元によっては、

無料で利用できるデモ版や、トライアル版などが

用意されている場合があります。

使い勝手を確認したり、実際の配信をテストするのに

とても便利ですので、積極的に利用してみましょう。

2)届くこと

目的を実現できる機能が搭載されていても、

実際にメールを配信したときに、

相手先(読者)へ、ちゃんとメールを届けられないと

メール配信サービスを利用する意味がありません。

一般的に"ASP型"と呼ばれるメール配信システムは、

メールが届きにくい場合が多くなっています。

"ASP型"は、1つのメールサーバを、複数の利用者で共用して、

メールの配信を行いますので、

ご自身の利用に全く問題がない場合でも、

他の利用者が、負荷を上げる配信を行っていたり、

迷惑メールを大量配信している場合は、

複数の利用者がまとめて、読者のメール受信サーバに拒否されたり、

といった悪影響を受けてしまいます。

また、大量のメールを高速で配信すると、

メールを受信するサーバ側にて、

迷惑メールであると判定されてしまうことがよくあります。

メールの配信スピードは、高速であればあるほどよいとはかぎりません。

最適なスピードで、配信を行えることが大切です。

上記から、複数の利用者で1つのサーバを共用する配信ではなく、

1人に1つ"専用のサーバを用意した配信"を選択することが好ましいです。

または、メールを配信する際に、複数のサーバで分散して配信する

といった構成をとっている、メール配信サービスがおすすめです。

3)サポートがしっかりしていること

メール配信サービスを契約する前に、

無料でのデモ版やトライアル版で、一通りの操作が試せればよいですが、

契約を行ってから初めてメール配信を試す場合などは、

操作中に不明点や疑問点が出てくることがあります。

その場合"操作マニュアル"や"動画マニュアル"、"よくあるご質問一覧"などが

しっかりと用意されていると安心です。

また、マニュアルなどを見ても解決できない場合には、

直接サービス提供元へお問い合わせいただく形になりますが、

ユーザの利用状況ごとに、問題に対して

的確に対応してもらえるかどうかが重要です。

上記のいくつかのチェックポイントについて、

メール配信サービス提供元のホームページなどに

明記されていない場合は、直接、問い合わせをしてみましょう。

ご契約前にしっかり確認し、無駄なく、

ご自身の利用スタイルに合った、メール配信システムを選択しましょう。

△このページのトップへ